» 2015 » 3月のブログ記事

引越会社を決めるときには、ネットの引越業者一覧サイトを探してきて、自分の地域の情報をチェックしてみます。自分の家の中にある道具の量と同程度の引越の規模だといくらになるのか調べてみます。

その状況を見て引越業者を選定するという事が大事だと思います。以前に友人が引越しをするときに、私が引越業者を探してあげたことがあるのですが、その時には住んでいる地域の移動距離などを入力してある程度の金額を出したのです。

その金額を目安にして、引越業者に見積もり依頼をしたそうなのですが、結局はその金額よりも相当に安い価格で引越しをする事ができたそうです。梱包作業などを自分でどんどんやってしまえば、引越業者がサービスをしてくれる事が多く、作業が少なくなればなるほど格安の引越しとなります。

特に、ダンボール箱に入っていない物の数を選らすことが大事なのです。洗濯機や、タンス、そしてベッドなどが手間になるので、このような大型の家具を出来るだけ少なくする事が出来れば、引越し費用はグッと安くなります。

引越業者も、ダンボール箱を何十個か移動すれば引越が完了するのであれば、手間も全くかからず楽な引越になります。そんな事があるので見積もりの見直しや、値引きなどを依頼する事は大事なのです。

wondering

  どうしよう!引越しまで日がない(>_<) 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

引越し 即日

引越しをするときには、梱包作業が必要になり梱包するときのダンボール箱は自分で調達する必要があります。
ただ、引越業者に依頼するときには見積もりの段階でそのあたりお話しすると、ダンボール箱や梱包材、梱包テープなどを無料でもらえるのです。

なので、そのあたりの心配をすることはないのですが、自前で引越しをすると決めた時にはダンボール箱を調達する作業が必要になります。近くの家電量販店などで手に入れることが出来れば良いのですが、引越の期日が迫っても強度のあるダンボール箱が見つからないことがあります。

そのような時は、文具店やホームセンターなどで組み立て式のダンボール箱を売っています。ですが結構な価格になるので、最終的にやり方がない時だけにするべきだと思います。

引越業者も、引越の依頼を受けていないお客さん相手にダンボール箱を売るというサービスもやっているところもあります。やはり引越業者なだけあってダンボールの強度も十分であり、ホームセンターなどで飼うダンボール箱よりも使い勝手は良いのです。

なので、どうしても箱が手配できなかった場合は、引越業者にダンボール箱目当てで連絡をしてみるというのも一つの考え方になるのです。