» 2016 » 10月のブログ記事

引っ越しは好きかと問われたらハイとは言えないかもしれません。時と場合によりますが引っ越し手続きが面倒くさいことと、引っ越し作業全般に時間を多く取られることがわたしにとってかなりのストレスになります。

ちょっとしたストレスでも滝のような汗が背中を伝うことがあります。更年期障害が長く続いているせいでストレスが身体に正直に現れてきます。普段はこまめに着替えたりシャワーを浴びて汗を流すなどできる対策をしていますが、引っ越し作業中はそれができません。
%e3%81%8a%e9%a2%a8%e5%91%82%ef%bc%91
引っ越し当日はシャワーを浴びることはもちろんこまめに着替えるなんてことは絶対にできません。そのため自分の身体が気持ち悪くますます汗が噴き出してきます。なので、この先夏や気温が高い時期に引っ越しすることはできない気がします。寒くなってからだったらだいぶ汗の出も弱くなるので引っ越しのタイミングを考えないといけません。

引っ越し作業が無事に終わったとしても残っている引っ越しに伴う手続きが非常に面倒くさいです。それこそ電気ガス水道の手続きだったり、役所へ提出する書類関係だったり・・・目が回るような忙しさです。こういうことを一手に引き受けてくれる人がいたらどんなにラクかと思うのです。
タンス 配送 安い業者を探すには?

引っ越しを上手に進めるにはコツがあります。簡単なコツを言うと、段ボール箱の使い方に気をつけると引っ越しが少し楽になると思います。
%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%91
引っ越し業者が持ってくる段ボール箱には大きな段ボール箱と小さな段ボール箱があります。大きな段ボール箱の方が荷物がたくさん入るのでそちらの方が良いと思って大きい方をたくさんもらうと困ることになります。

軽いものを大きな段ボール箱に詰めるならまだいいのですが、重いもの、たとえば本のように2~3冊重なるだけでちょっとした重さを感じるものを大きな段ボール箱へ詰める大変なことになります。わたしは何も知らない引っ越し初心者の頃、大きな段ボール箱へ本をたくさん詰めてしまい後でひどく後悔しました・・・。

部屋の中でそうやって荷物を段ボール箱へ詰めているときは、わざわざ持ち上げることがなくだいたい腕で押して部屋の隅の方へずらしたり、ちょっと行儀が悪いのですが脚で段ボール箱を押したりしていたので、持ち上げられるかどうか全く試していなかったのです。

引っ越し当日になって一人では大きな段ボール箱を絶対に持ち上げられないことに気づいて大変な思いをしました。引っ越し業者もさぞかし大変だったと思います。