» 2017 » 1月のブログ記事

【知らないと困る】自動車がある場合の引越しはどうすれば?

引越しをするときには、業者に全て依頼すると見積もりの金額を比較していくだけで決定することができるのですが、これを安くするためには自分でいろいろなコストを計算していく必要があります。

57049f9c3a47f08964e4feec879cee9b_s

まず、最も大きいのがトラックの料金です。自前でトラックを準備する場合には知り合いの業者などをチェックして、大きめのトラックを手配できるかどうかを確認していきます。

家族の人数が多い場合、トラックのサイズもかなり大きくなってしまいますが、一度に全ての道具を運ぶ事が好ましいので、出来るだけ大きなトラックに全てを入れてしまうことが重要となります。

1トン車以上の車を借りるときにはある程度の金額が必要になってきます。雨が降っても大丈夫なように屋根付きのトラックをレンタルする必要がありますが、その価格はかなり高くなります。

その金額を想定して予算を考慮していくと、引越し業者よりどれくらいの価格が安くなるのか算出することができるはずです。その金額が余りに少ない場合には、そのまま引越し業者に依頼した方がお得になるはずです。

引越し業者に依頼すると、段ボール箱やガムテープなどは無料で使い放題の状態になるので、細かな作業の為に悩む可能性も少なくなってくるのです。

引越しをするときにはいつも使っていない物を箱に詰めていく作業になるので、長年見ていなかったものを再度チェックする良い機会となります。
%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%a0%ef%bc%91
この時にアルバムを見始めると、いつまでも引越し作業が終わらないので、写真などがあった場合には見ないで作業する事が重要となります。

特に重要になってくる作業が、不要な物を処分する考え方です。昔に遊んでいたおもちゃなどが出てきた場合には、これをいつまでも保持しておくかどうか悩む事になります。

確かに懐かしい物ではあるのですが、それを長年所持していると倉庫がパンパン状態になってしまう可能性が高いので、ある程度のスペースを空けるためにも数年ごとに押入の中身をチェックして処分することが大事になります。

大掃除をするときに倉庫の中までチェックすることはないはずなので、引越しをする際に全てを再チェックする必要があるのです。

本当に必要な物だけを引越し先に移動し、微妙な物は処分する判断とします。その為、昔使っていたおもちゃや道具など、まだ使える物があったとしても処分を決断する事が重要となってくるのです。

引越し当日までに大きく量を減らすことができれば、引越しの作業が格段に楽になるし、作業スピードを落ちずに完了出来る可能性があります。